発展するお寺はここが違う!本気でお寺の将来を考える住職のための 寺院運営.com イメージ
寺院運営.com

寺院運営コムHOME

お知らせ

無料メールマガジン 寺院運営研究通信

明日のお寺を考える会
経営視点を持って先進的な取り組みを続ける寺院の研究会を開催

寺院活動診断チャート

成功者から学ぶ

寺と人を結ぶネットワークづくり

出版物

リンク集

問い合わせ



お知らせ一覧

2013年05月27日01時

宗教って何のためにあるの?

鎌倉新書ではいいお墓というお墓に関するご相談を受け付けているサイトを運営していますが、そこで、小さなお子様を亡くされた方からのご相談を受けた相談員が、「宗教って何のためにあるの?」と言っていたのが印象的でした。→続きを読む

2013年05月24日10時

ペットと入れる永代供養墓は?

鎌倉新書の「お墓サポートデスク」に寄せられた永代供養墓に関する問い合わせの一部を紹介します。→続きを読む

2013年05月22日11時

遺品整理について

最近の遺品整理事情については、全国初の僧侶の遺品整理士が誕生したり、女性スタッフだけの遺品整理がスタートしたり、さまざまな動きがあります。→続きを読む

2013年05月21日10時

お寺の本堂で琵琶とギターの弾き語りライブ開催しました

東京・池上にある大坊本行寺の本堂で5月19日、琵琶とギターの弾き語りライブ”てlive”を開催しました。→続きを読む

2013年05月17日11時

お香典で葬儀に掛かる費用負担を抑える

お葬式に会葬者が集まった方が、実際に喪家が負担する葬儀費用は抑えられる。そんな記事が、週刊ポストで書かれていました。→続きを読む

2013年05月15日09時

お葬式のアンケート

「こらからお葬式を考えなければならない人に、経験者からアドバイスを下さい」→続きを読む

2013年05月13日01時

すごい会葬礼状

先日、オリジナルの会葬礼状を作成してくれる会社に伺って、お話を聞いてきました。

葬儀の会葬礼状というと、もう定型文が用意されていて日付と名前だけ変えて使い回し、といった印象がありましたが、この会社では喪主に電話で取材して、そこで知り得た故人の人柄やエピソードなどをもとに、文章を作成してくれます。→続きを読む

2013年05月10日10時

感情労働従事者のセルフケアの必要性

「臨床仏教公開講座」で、自死・自殺問題に取り組むお坊さんのお話を伺いました。
「大勢の人のさまざまな悩みを真剣に聞いていると、話を聞いているお坊さんの方がまいってしまうのではないかな?」と心配になります。→続きを読む

2013年05月08日10時

公営霊園と寺院墓地

都内の公営墓地の倍率について書かれた記事がありました。→続きを読む

2013年05月01日11時

本堂を舞台にした社会人劇団の公演

お寺の本堂を舞台にしたお芝居を観てきました。
こぢんまりした本堂で、観客も30名くらいが入ってもう一杯ですが、全部で5回公演、各回ごとに30人集まったとして、合計で150人がお寺を訪れる計算になります。→続きを読む

2013年04月26日10時

お寺の門は開かれている

開かれたお寺を目指す。少し前まで、多くのお寺で意識していたことだと思います。
最近、実際に何軒かのお寺に飛び込みでお邪魔したところ、半分の確率で住職が会って、お話をしてくれました。お寺の門、開かれています。→続きを読む

2013年04月25日09時

お寺に「話しやすい人」はいますか?

せっかくお寺の永代供養墓を申し込んだのに、その後も、お寺の住職ではなく、永代供養墓の販売をサポートする会社の担当者に相談をしてくる人がいるのはなぜでしょう?→続きを読む

2013年04月19日20時

日蓮宗本山 池上 大坊 本行寺で琵琶とギターの弾き語りコンサート

日蓮宗本山 池上 大坊 本行寺で、5月19日、琵琶とギターの弾き語りコンサートを開催します。
寺院運営.comのメールマガジン、「寺院運営研究通信」がきっかけで生まれたご縁が形になります。→続きを読む

2013年04月19日06時

お坊さんの講演がある終活フェア

終活ブームもやや落ち着いたかように思える、このごろですが、ちょっと面白そうなフェアが東京・秋葉原で開かれます。→続きを読む

2013年04月17日08時

直葬にどう対応する?

今、葬儀の形が変わる中で、直葬であるとか、俗名での葬儀が増えています。
その中で、戒名のないまま葬儀を終えた人に対して納骨の時に「授戒式」を執り行っているお寺の話です。→続きを読む

2013年04月15日08時

初期投資が「安い」永代供養墓

永代供養墓もいろいろと種類がある中で、大阪のある霊園が、全国のお寺に向けて永代供養墓サービスを開始しました。→続きを読む

2013年04月13日01時

シニア市場について

一昔前の話、「これから高齢者が増える」と、いろんな企業がこぞってシニア市場に向かったけれど、なかなか思い通りの結果につながりませんでした。では、高齢者の市場を考える際には、年齢のほかに何に基準にしておけばよいのでしょうか?→続きを読む

2013年04月10日07時

最新葬祭用具事情

今月上旬、都内で葬祭用具の展示会が開催されました。
葬祭用具の卸業を営む企業が数社、浅草で毎年、4月に開いているもので、葬祭用品の新商品などがずらりと並びます。
→続きを読む

2013年04月08日10時

日本の遺骨を海外へ?ちょっと変わった永代供養墓事情

ウィーン中央霊園で永久に眠る。そんなサービスを兵庫県のある会社が、4月1日より開始しました。→続きを読む

2013年04月06日10時

お寺の情報発信について

自分の葬儀やお墓について関心を持つ人が増えているせいか、この手の話題を扱ったテレビ番組も頻繁に放送されるようになっています。
実際に、テレビの取材に対応されたお寺の関係者から、「取材を受けやすいお寺」について聞きました。→続きを読む

 
前へ< 1  2  3 >次へ
↑このページの先頭に戻る


株式会社鎌倉新書
〒103-0028
東京都中央区八重洲1丁目6-6 八重洲センタービル7階
TEL 03-6262-3521(代表) / FAX 03-6262-3529